WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【気になる】yahooの広告の料金はいくらから?安くてもOK!

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はYahooの広告の料金について書いていきます。

 

Yahoo広告の料金体系

 

Yahoo広告の料金体系には、いくつかの特徴があります。

 

クリック課金

 

広告がクリックされたときに課金されるので、広告掲載だけであれば無料でできます。

 

オークション制

 

広告はオークション制になりますので、入札単価が高いほど広告の露出が高くなります。

 

自由な予算設計

 

キャンペーンの日予算は自由に設定が可能なので、少額な予算でも広告が配信できます。

 

Yahoo広告の料金相場

 

Yahoo広告はオークション制であることから

競合の多いキーワードではクリック単価が高くなります。

 

また自由な予算設定が可能であることから

中小企業から大手企業まで利用されています。

 

つまり料金相場というものはなく、

マーケティングの目標設定から考えられるべきものだといえます。

 

とは言っても10万円か100万円か見当もつかないという方のために

考え方の例を挙げておきます。

 

例えば1000人の集客を目標にするなら

クリック単価を100円として100,000円の予算が必要です。

クリック単価が50円なら広告費は50,000円で済みます。

 

クリック単価は入札によって決まりますので、

上限を決めておけば超えることはありません。

クリックされなければ料金は発生しませんので、

まずは少額予算(1~5万円程度)で始めてみると良いでしょう。

 

広告代理店の手数料

 

広告代理店に運用を代行してもらう場合には

広告料金と別に代理店手数料を支払うのが一般的です。

広告代理店の手数料は広告費の20%が料金相場です。

 

そのため予算が少額だと代理店として利益が出せないため、

最低出稿金額を設けている企業もあります。

 

また代理店によっては手数料とは別に初期費用や月額管理料金もあります。

代理店の比較材料として確認するようにしてください。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。