WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【2020年度】サルでもわかる!SEOでECサイトを上位表示する方法

2020.11.12

サルでもわかる!SEOでECサイトを上位表示する方法

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日はECサイトでSEOの上位表示をする方法です。

「コンテンツが~」というサイトは多いですが、それはだいたい営業につなげるためなので今回は割愛します。

といっても基本的にはコンテンツもECサイトも同じです。

 

結論を先に書くと、その商品のページのタイトルごとに適切なキーワードを入れることがSEOにおいて最重要です。

それが出来ていないECサイトは結構多いです。

 

 

SEOにおける「キーワード」とは

 

SEOにおけるキーワードとは「検索バーに入力する言葉」だと思ってください。

例えばですが「ユニクロ 通販」で検索しているユーザーに該当のページを上位表示したい場合は、

「ユニクロ 通販」をタイトルタグに入れなくてはいけません。

 

今すぐ自社のECサイトをチェックしてみましょう。

「タイトルタグとは?」という方はググるか制作会社や担当者に聞いてみてください。

 

 

自社ブランド名を入れていない会社は多い

 

このタイトルタグに自社ブランド名を入れていないECサイトは思いのほか多いです。

そうなってくると「御社のブランド名 通販」で検索したユーザーが見つけることは少し難しくなります。

 

よくあるのが社名やブランド名のみページタイトルに入力されているケースです。

例えば「株式会社寿五郎」のみという形です。

 

 

タイトルタグにキーワードをは絶対にいれる

 

仮に100ページあるサイトであれば1ページずつにタイトルをつけることができます。

なので100件分のタイトルを考える必要が出てきます。

それを適切にすれば検索エンジンで上位表示される可能性も増え売り上げもアップします。

 

「本当にそれだけ?」とよく言われますが本当にそれだけです。

人のサイトを見るとそれが出来ていないサイトはかなりの数あります。

 

とりあえずタイトルタグの修正をしましょう。

ただしそのページの内容に沿う適切なタイトルをつけることです。

例えば「天気予報」を紹介しているページに「カバン 通販」と設定しても上がってきません。

 

それをして上がってこない時に初めて次のステップに進みます。

 

 

顧客が見やすいサイトが有利

 

SEOだからではなくですが、

ユーザーにとって有益なサイトを作ればいいだけです。

 

わかりやすく言うと、他社のECサイトをユーザー目線で見て

「見やすい!」「わかりやすい!」「買いたい!」

と思えるポイントがあればそれを盛り込めばいいだけです。

 

筋トレのサイトであれば写真や文章を多用するよりも動画を載せた方が分かりやすいです。

靴のサイトであれば靴の外観だけではなく、靴底の写真を見たい人もいるかもしれません。

どういった見せ方が適切かは商品やサービスにより異なります。

 

自社のサービスや商品に興味があるユーザーは何を知りたいのかを想像してページを作りましょう。

わざわざ問い合わせてくれるユーザーはほとんどいません。

 

「ユーザーの動向をヒートマップで見て~」

「ユーザーが遷移する先のボタンが~」

などはまだまだ先の話です。ほとんどSEOには関係がない話です。

それをしたからといって100位→1位になるということはないです。

 

実際に私のサイトはそういったことをせずに1位になっているキーワードがたくさんあります。

 

 

まとめ

 

ECサイトにおけるSEOのポイントを書きました。

めちゃくちゃ簡単なのでぜひ試してみてください!

 

弊社でも簡単なSEOのアドバイスをしております。

気になる方はお気軽に!

 

では!

Posted by 寿五郎


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。