WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【極秘】誰にも教えたくない!ECサイトに集客する方法を限定公開

2020.7.30

誰にも教えたくない!ECサイトに集客する方法

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日は弊社がお手伝いする際に行っているECサイトに集客する方法を書いていきます。

 

取り扱い商品などにより多少変わってきますが

「これを出来ていれば間違いない!」

という内容を書いていきます。

先に要約しておくと、ECサイトの集客ではSEO・リスティング・SNSを活用することがポイントです。

 

SEOは重要

 

基本的なことですが、ECサイトにはほとんどの人がGoogleなどの検索経由で訪れます。

ECサイトで集客するのであれば最低限のSEOは行いましょう。

 

そんなに難しいことではないです。

例えば「YAMADA」というブランド名で主にシャツを扱っているとします。

 

その場合、商品のページのタイトルタグに

YAMADAの通販サイト|メンズシャツ○○-○○(型番)・Sサイズ」

のようなページタイトルを付けます。

 

重要なことは自社ブランド名とアイテム名を入れること。

そして型番を入れることです。

 

購入する気が高い人ほど具体的なキーワードで検索をするため、

この場合型番で調べている人の購買意欲は高いと言えます。

 

ページタイトルは各ページごとにつけることができます。

例えばサイトに100ページあれば100件のページタイトルをつけることができます。

つまり、ページ数が多いほどにSEOで集客がしやすくなるということです。

これが俗に言うコンテンツマーケティングです。

ページがわからない方は制作会社や会社の担当者に聞いてみてください。

 

 

リスティング広告が最重要

 

ECの集客にかかせないのがリスティング広告です。

「お金がかかるから嫌だ」という担当者の方は多いですが、適切な運用を行えばECでもまだまだ売り上げが上がります。

特に認知度が低いブランドはディスプレイ広告やショッピング広告などの視覚に訴える広告は重要になってきます。

 

多くの企業がリスティング広告を利用していることはご存知だと思います。

採算が取れない広告を使う人はいません。

もし過去に利用してうまく集客できなかったのであれば基本的に運用の問題です。

適切に行えばほぼ間違いなく売り上げは立ちます。

弊社のクライアント様でも売上の割合の多くをリスティング広告が占めています。

ただし本当にニッチで誰も知らない商材はそれなりに苦戦します。

 

またGoogleやYahooの主な収益源はこのリスティング広告によるものです。

営利企業である以上、リスティング広告が優遇されるのは間違いないです。

※リスティング広告を使ったからといってSEOで有利になるという意味ではないです

 

 

SNSを駆使して集客するべし

 

最近のECサイトではインスタグラムを利用して集客する会社も多いです。

アイテムがインスタ映えするのであれば活用しない手はないでしょう。

 

若者の多くがツイッターを利用しています。

若者向けのECサイトであればツイッターを活用する必要があります。

 

なぜSNSが重要かというと、SEOはGoogleのアルゴリズムにより大きく変わります。

アルゴリズムの大規模な変更は1~2年に1度は行われています。

これにより検索経由での売り上げが落ちると採算が取れなくなります。

他の経路での集客もしっかり確保しておく必要があります。

 

 

まとめ

 

ECサイトに集客する方法を書いていきました。

そこまで難しくないのでぜひ試してみてください!

 

弊社でもワンコインでお試しコンサルティングを行っております。

気になる方はお気軽に!

 

では!

Posted by 寿五郎


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。