WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【要確認】Google広告の審査基準を確認してスムーズな入稿を

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はGoogle広告の審査基準について書いていきます。

 

Google広告の審査基準は非常に多いので、全てを読み込むのは難しいです。

そのため厳しい広告制限を設けている業界でない限りは、

明確な審査基準を最初に確認するよりも、先に管理画面から入稿して審査を通してみる方が早そうです。

 

審査に落ちた場合には理由を確認して訂正するようにします。

 

Goolge広告の審査基準はポリシーセンターに記載があります。

 

禁止されているコンテンツ

 

不正、不法、不適切なコンテンツのあるウェブサイトはGoogle広告の掲載はできません。

 

禁止されている手法

 

不正利用、不当なデータ収集、虚偽表示などが認められる広告は審査に通過しません。

 

制限付きコンテンツおよび機能

 

広告制限のある特定の業界は広告の表示が制限されます。

広告表示の制限があると広告効果を最大限に発揮することができないため、

できるだけ改善しておくべきです。

 

制限のある業界は以下の通りです。

 

・アダルト

・アルコール

・著作権の不正利用

・ギャンブル、ゲーム

・ヘルスケア、医薬品

・政治

・金融

・商標の利用

・その他

 

編集基準と技術要件

 

ユーザーが不快に思わないように、質の高い広告を配信することが求められます。

入稿素材はもちろん、ランディングページも要件に含まれます。

 

審査の基準はあいまいな部分も多く、

どうすれば審査に通過するのかという具体的な方法は記載されていません。

そのため審査に通過せずに困っている場合には、Googleサポートに確認すると良いでしょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。