WEBマーケティングに関するお役立ち情報

なぜ?どうして?Twitter広告が配信されない理由と解決策

2020.9.28リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はTwitter広告が配信されない理由と解決策について書いていきます。

 

配信オン・オフ

 

Twitter広告ではキャンペーン単位、広告グループ単位、

クリエイティブ単位で配信のオン・オフを設定できます。

基本的な設定ですが、見落としのないようにチェックしておきましょう。

 

配信スケジュール期間外

 

広告の配信スケジュール期間が適切に設定されていない場合、広告は配信されません。

配信対象期間になっているかどうか確認してみてください。

 

入札単価が低い

 

入札単価が低い場合、広告が配信されない場合があります。

自動入札の設定にしていれば問題ないのですが、

単価を下げたいからといって手動で入札単価を大きく引き下げないように注意が必要です。

 

ターゲットユーザー数が適切でない

 

Twitter広告の場合、地域や年齢・性別、

興味関心などでターゲットを絞り込むことができますが、

ターゲットユーザー数が少ない場合はもちろん、

多すぎても広告が配信されない場合があります。

 

管理画面では適正なユーザー数になるようシミュレーションができますので、

確認しながら設定をするようにしましょう。

 

日予算が少ない

 

少額から広告配信できるのがTwitter広告の特徴ですが、

日予算の設定が少なすぎるとあっという間に消化されてしまいます。

広告効果を検証するためにも、

ある程度の予算を確保しておくことも大事といえるでしょう。

 

広告の審査

 

管理画面で設定して間もない場合、広告の審査が通過していない場合があります。

広告の審査が通過するまでは待つ必要があります。

 

あるいは時間が経っていてもクリエイティブが非承認の場合、広告は配信されません。

非承認の理由を確認して、内容を修正するようにしましょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。