WEBマーケティングに関するお役立ち情報

SNS広告を徹底比較!Twitter広告、Facebook広告、LINE広告の違い

2020.11.30リスティング広告

こんにちは!寿五郎です!

Twitter広告、Facebook広告、LINE広告の違いについて書いていきます。

 

先に書いておくとSNS広告を始めるためには、

それぞれのSNSアカウントを用意する必要があります。

・Twitter広告であればTwitterアカウント

・FacebookではFacebookページ

・LINE広告ではLINE公式アカウント

 

それらのアカウントの投稿として広告が表示させる仕組みとなっています。

その中で各SNSの大きな特徴は以下の通りです。

 

Twitter広告の特徴

Twitter広告の大きな特徴はキーワードターゲティングです。

任意のキーワードに関してツイートしているユーザーや

検索しているユーザーをターゲットにすることができる機能で、他のSNS広告には見られません。

 

Facebook広告の特徴

Facebook広告は実名制を採用している

SNSでの精度の高い広告を配信できるのが大きな特徴です。

 

年齢や性別はもちろん、SNS上でのアクティビティをターゲットに設定することで

非常に高い広告効果を発揮することができます。

 

LINE広告の特徴

日本でコミュニケーションアプリとして大きなシェアを持っているのがLINEです。

LINE[上に広告を配信できるLINE広告は非常に注目されています。

SNS広告としては後発ですが機能が続々と追加されてきていますので、

上手く活用できるようにしていきましょう。

 

LINE広告の大きな特徴は日本でのユーザー数の多さ、

また全世代にリーチできるSNSであるという点です。

 

・Twitter=若年層

・Facebook=ビジネス利用

のような特定の層に特化しているわけではないので、様々な業界で活用できるでしょう。

 

今回紹介したSNS広告は一部に過ぎず、近年では更に新しいSNS広告が生まれてきています。

それぞれの特徴に合わせたターゲットやクリエイティブが必要になりますので、

最新の情報をキャッチアップして、ウェブマーケティングに活かしていきましょう。

 

弊社でもWEB広告のご相談を受け付けております。

お気軽に!

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。