WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【知らないと損】Twitter広告の費用対効果を高める方法

リスティング広告

プロモーション目的、ターゲットを明確に

Twitter広告を始める前にはプロモーションの目的やターゲットを明確にしておきましょう。

プロモーションの目的とはユーザーへのリーチ、ウェブサイトへのアクセス、アプリのインストール、動画の再生など様々です。その目的に応じて課金形式が異なります。

またターゲット(性別、年齢、興味関心など)は広すぎても狭すぎても良くありません。管理画面上でターゲットを選択するとリーチ数が表示され、適切な設定になっているかどうかが分かりますので、よく確認するようにしましょう。

 

エンゲージメントを獲得しやすいクリエイティブ

Twitter広告ではとにかくエンゲージメントを獲得しやすいクリエイティブを用意するようにしましょう。エンゲージメント率が高い広告は品質が高いと判断されるので、インプレッションやクリックなどの単価を抑えることができます。

またエンゲージメントのひとつであるリツイートを獲得することで、拡散効果が見込めます。広告が拡散されたさきでクリックなどが発生したとしても、費用には加算されません。つまり拡散されればされるほど広告の価値・効果は高まっていくことになります。インフルエンサーにリーチできれば大きな反響を呼ぶことでしょう。

 

クリエイティブを最新なものに更新する

効果の高いクリエイティブも時間が経つに連れて鮮度が下がってきます。そうすると広告の効果も悪化することになりますので、定期的にクリエイティブを変更しましょう。

 

Twitter広告では、ほとんどリアルタイムでのレポート確認もできますので、クリエイティブの効果を確かめながら運用を行いましょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。