WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【使える】GDNにおけるYDNサーチターゲティング代替広告メニュー

2020.8.4リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はGDNにおける

YDNサーチターゲティング代替広告メニューについて書いていきます。

 

サーチターゲティングの概要

 

サーチターゲティングは

ユーザーが検索エンジンで入力したキーワードを基に

ターゲティングすることを言います。

 

現状ではYDN(Yahoo Display Network)で利用できるターゲティングで、

GDN(Google Display Network)にはありません。

 

ですがGDNにも類似のターゲティングがありますので、

チェックしておきましょう。

 

カスタムインテントターゲティング

 

GDNでサーチターゲティングのような広告配信をしたい場合には、

カスタムインテントターゲティングがオススメです。

カスタムインテントターゲティングでは

キーワードまたはURLを指定することで、

そのキーワードやURLに興味を持っているユーザーに広告配信が可能になります。

 

カスタムインテントターゲティングにおいても

ユーザーの検索履歴などからターゲティングを絞り込むことができるので、

サーチターゲティングと同様に非常に強力なターゲティング機能といえます。

 

GDNカスタムインテントとYDNサーチターゲティングの違い

 

GDNカスタムインテントとYDNサーチターゲティングでは

ユーザーの検索履歴を基にしたキーワードターゲティングですが、

設定方法にいくつか違いがあります。

 

まずGDNカスタムインテントでは

任意のキーワードを指定することができますが、

YDNサーチターゲティングでは管理画面で設定できるキーワードが限られています。

 

またYDNではユーザーの検索期間や検索回数で

絞り込むことができるのに対して、

GDNではそうした設定はできません。

 

それぞれの設定を上手く活用して、

最大限の効果が発揮できるようにしましょう。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。