WEBマーケティングに関するお役立ち情報

うまく使えば効果抜群!Google広告カスタマーマッチ活用方法

2020.8.4リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はGoogle広告カスタマーマッチの活用方法について書いていきます。

 

検索広告

 

カスタマーマッチによってオーディエンスリストに追加されたユーザーに対して

検索広告を配信することができます。

該当のリストで絞り込んだり、入札価格の調整をしたりすることができます。

 

リマーケティングリストでは

RLSA(Remarketing List for Search Ads)と呼ばれているものです。

 

ショッピング広告

 

eコマース向けの検索広告であるショッピング広告でも

カスタマーマッチの利用が活用です。

 

自社ECサイトで取得したメールアドレスでマッチできれば、

より購入確度の高いユーザーに対して、

ショッピング広告を配信することができます。

 

Youtube広告

 

動画広告を検討しているならYoutube広告は欠かせないメニューです。

検索ユーザーではなく、動画視聴ユーザーに広く配信できる特徴があり、

カスタマーマッチを利用することで既存顧客への大量リーチが可能になります。

 

Gmail広告

 

Gmail広告でもカスタマーマッチの利用ができます。

 

単純なメール配信によるリピーターの獲得も重要ですが、

顧客にGmail利用者が多いようであれば、

カスタマーマッチによるGmail広告も有効に機能すると思います。

 

ディスプレイ広告

 

バナー広告やレスポンシブ広告を配信できるGoogleディスプレイ広告でも

カスタマーマッチの利用は可能です。

他のターゲティングとの掛け合わせもできるので、

プレースメントやコンテンツターゲットも利用することで

高い効果が見込めます。

 

さらにカスタマーマッチのリストは類似ユーザーリストの作成もできるので、

新規顧客獲得にも活用できるようになっています。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。