WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【1分で分かる】リタゲの仕組みとクッキーの関係性について!

2020.7.31リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はリタゲの仕組みとクッキーの関係性について書いていきます。

 

「最近、同じ広告ばかり見る気がする・・・」という方は、ほぼ間違いなくリタゲの対象になっていると思います。

気持ち悪い!ウザい!と思う方も多くいる反面、効果の高い広告として多くの企業が利用しているのも事実です。

 

このリタゲという広告配信はCookie(クッキー)を利用することによって実現されています。

現在のウェブマーケティング業界では、このCookieが欠かせない技術となっています。

 

Cookie(クッキー)について

 

リタゲにはCookieという技術が用いられていますが、Cookieはユーザーのブラウザ内部に保存されるデータのことです。

広告枠のあるウェブサイトにユーザーが訪れたとき、そのCookie情報を読み取り、広告配信システムが広告を掲載するかどうかの判断をします。

 

ブラウザに保存されているCookieを削除する、あるいは異なるデバイスやブラウザであれば、リタゲの対象から外れますので、同じ広告が配信されることは少なくなるでしょう。

 

リタゲの仕組み

 

リタゲをするためには、ウェブサイト来訪者に対してCookieを付ける(ユーザーのブラウザにCookieを保存させる)必要があります。

 

ユーザーにCookieを付けるためには管理画面から発行されるリターゲティングタグ(javascript)をウェブサイトに設置します。

タグの設置方法が分からない場合には、ウェブサイト管理者に依頼してください。

 

Cookieと個人情報

 

近年ではCookieの取り扱いが非常に厳しくなっています。

Cookieを利用することについてWEB上でユーザーに許諾を得るようにしている企業もありますので、取り扱いの方法については注意が必要です。

リタゲについて言えば、そこまで深刻になる必要は現状ではありませんので、積極的な活用をオススメします。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。