WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【要確認】GDN・YDNレスポンシブ広告に必要なテキストと注意点

2020.8.4リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日は

「GDN・YDNレスポンシブ広告に必要なテキストと注意点」

について書いていきます。

 

GDNレスポンシブ広告のテキスト

 

GDN(Google Display Network)のレスポンシブ広告は、

見出し・長い見出し・説明文のテキストを入稿します。

 

見出しの文字数は半角30文字(全角15文字)、

長い見出しの文字数は半角90文字(半角45文字)、

説明文の文字数は半角90文字(全角45文字)となっています。

 

入稿したテキストは全てが表示されるわけではなく、

広告枠やデバイスによって適切なクリエイティブが選択されます。

長い見出しでは一部省略して表示される場合がありますので、

重要な文言はテキストの初めに訴求しておくとよいでしょう。

 

またテキストは1つの広告に対して複数設定をすることができます。

自動で最適化されて配信されるので、

より高い広告効果を発揮させるためには、

いくつかパターンを入稿しておくようにしましょう。

 

YDNレスポンシブ広告のテキスト

 

YDN(Yahoo Display Network)レスポンシブ広告のテキストは、

タイトル20文字以内と説明文90文字以内になります。

 

全角・半角ともに1文字としてカウントされますので、

よく確認しておいてください。

 

説明文については表示されない場合もありますし、

省略されて表示される場合もあります。

 

省略される場合は39文字目以降が表示されないので、

GDNと同様にテキストの初めに重要な文言を配置しておくようにしてください。

 

テキストに使用できる記号

 

レスポンシブ広告のテキストに使用できる記号の種類や回数にも

GDNとYDNで違いがありますので、

それぞれ公式ヘルプページで確認しておくようにしましょう。

 

記号を上手く利用できればユーザーの注意を引くことができますが、

規定に沿っていない広告は審査に落ちてしまうことがありますので気をつけてください。

 

■GDN記号

https://support.google.com/google-ads/thread/4844476?hl=ja

■YDN記号

https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=1663

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。