WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【効果的】サーチターゲティングとリターゲティングの併用は使える!

2020.8.4リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はサーチターゲティングとリターゲティングの併用について書いていきます。

 

サーチターゲティングは新規ユーザー獲得

 

サーチターゲティングは

検索広告と同様に検索キーワードをターゲットにすることができる

ディスプレイ広告です。

 

検索広告に比べてユーザーへのリーチ数が多いため、

ウェブサイトの新規ユーザー数を増やすのに最適です。

 

インタレストカテゴリーなども新規ユーザー獲得に有効ですが、

サーチターゲティングと比較すると精度が低くなる可能性があります。

 

興味関心度の低いユーザーを集めてしまうと

リターゲティングの効果も悪くなってしまうので、注意が必要です。

 

検索広告や自然検索でも新規ユーザーを集めることができれば良いのですが、

クリック単価が高く、数を集めるのに向いていません。

 

リターゲティングはリピーター獲得

 

リターゲティングは

既にウェブサイトへ訪問したユーザーをターゲットにしますので、

サーチターゲティングよりも高い効果が期待できます。

 

ただしウェブサイトへの訪問者数が少なければ、

十分な広告量を配信することができない、

あるいはフリークエンシーが高くなってしまい、

ユーザーにとって不快な広告になりかねません。

 

つまり自社商品・サービスに対して

強い関心を示している新規ユーザーの獲得が必要になるわけです。

 

サーチターゲティングはリターゲティングよりも

コンバージョン単価が高くなるかもしれませんが、

新規ユーザーを獲得することで間接的に貢献していると言えます。

 

サーチターゲティングとリターゲティングを目的に応じて使い分け、

最も効果が出るように設定を行うようにしましょう。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。