WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【知っておきたい】除外ワードとは?無駄な広告費を減らそう!

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日は除外ワードについて書いていきます。

 

除外ワードとは

 

除外ワードとは特定の語句が含まれる検索クエリの場合、

広告を表示させないようにする機能です。

 

リスティング広告ではマッチタイプを部分一致にすることで、

意図しない検索クエリで広告が表示されてしまうケースがあります。

 

そうした広告は効果が見込めないので無駄な広告と言えるでしょう。

広告を出稿する側としては、なるべく排除しておくべきです。

 

除外ワードの具体例

 

とある広告代理店が広告主からの問い合わせを獲得するべく

「リスティング」というキーワードを部分一致で入札するとします。

リスティング広告の出稿を検討している企業は

「リスティング 広告代理店」などと検索することが予想されますので、

一見問題ないように感じます。

 

一方、「リスティング 求人」と検索する人もいます。

その人は広告の目的となるターゲットでしょうか?答えはNOです。

「リスティング 求人」と検索する人は転職をしたいと考えている個人であり、

問い合わせに到ることはないでしょう。

 

その他に

「リスティング 市場」「リスティング 初心者」

といったキーワードも同様に考えられます。

 

除外ワードの設定方法

 

あらかじめ想定できる除外ワードは広告開始時に設定しておきますが、

意図しないクエリも多くあります。

その場合、除外するべきキーワードの見つけ方は、

管理画面の検索クエリからチェックします。

 

不要なキーワードをチェックして除外ワードに追加できますので簡単に作業できますが、

小まめなチェックが必要です。

 

除外ワードの設定は地味な作業ですが、

効果を出すために必須ですので、必ず行うようにしましょう。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。