WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【初心者向け】平均クリック単価とは?効率的な広告にするために

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日は平均クリック単価について書いていきます。

 

クリック単価は1クリック当たりの平均値で求める

 

クリック課金型の広告においては1クリックされる毎に広告費が発生します。

 

1クリックで発生する広告費のことを

クリック単価またはCPC(Cost Per Click)といいます。

 

このクリック単価は広告が表示される度に算出されていますので、常に一定ではありません。

1クリック目は110円、2クリック目は102円、

3クリック目は・・・というように広告費が発生します。

 

ウェブ広告では100クリックも200クリックもされるので、

これら1クリック毎の単価を求めて分析することはありません。

ほぼ必ず平均値で考えます。

 

計算式は以下の通りです。

 

広告費÷クリック数=平均クリック単価

 

この平均クリック単価はウェブ広告において重要な指標であり、

広告効果を分析するためには必要不可欠です。

 

平均クリック単価が低ければ、効率的に集客できていることを意味します。

逆に平均クリック単価が高い場合には非効率ですので、

改善の必要があるといえるわけです。

 

平均クリック単価はいくら?

 

平均クリック単価はターゲットや業界によって大きく異なります。

特にリスティング広告においてはオークション制を採用しているため、

競合が多いほどクリック単価が高くなる傾向にあります。

 

中には1クリック1,000円以上も掛かる高単価な案件も少なくありません。

 

しかし運用次第では数円~数十円での実施も可能ですので、

できるだけ安く抑えられるように常に改善していくことが大事です。

 

潤沢な予算のある広告主はクリック単価を引き上げることで検索結果の上位に広告を表示させ、

クリックを集めることができます。

 

反対に少額な予算の広告主は

効率的な運用ができるように工夫をしなければ大手に勝つことはできません。

 

これから広告を実施しようとしている方は、

平均クリック単価に着目してプロモーション戦略を構築してみてください。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。