WEBマーケティングに関するお役立ち情報

広告運用者なら知っておくべき!リスティング広告のマッチタイプ活用法

2020.8.4リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はリスティング広告のマッチタイプ活用法について書いていきます。

 

マッチタイプの種類

 

マッチタイプには4つの種類があります。

 

キーワードを拡張して配信する「部分一致」、

指定したキーワードのみに限定して配信する「完全一致」

キーワードを含む場合のみ配信する「フレーズ一致」、

部分一致より限定して配信する「絞り込み部分一致」です。

 

同じキーワードでもマッチタイプによって

表示される検索クエリが異なります。

 

部分一致が最もインプレッションが多く、

つづいて絞り込み部分一致、フレーズ一致、

最もインプレッション数が少ないのが完全一致となります。

 

マッチタイプの活用法

 

これからリスティング広告を始める方には

絞り込み部分一致がオススメです。

ある程度の検索数が見込め、コントロールがしやすいからです。

 

絞り込み部分一致で配信した後は

検索語句レポートが見られるようになりますので、

除外ワードと追加ワードの選定をします。

 

関係のないキーワードが含まれている場合には除外ワードの設定を、

効果の良いキーワードがある場合にはキーワード追加をします。

 

さらに広告予算を追加できる場合には部分一致に変更してみましょう。

新しいキーワードの可能性が広がります。

ただし除外ワードの追加も定期的にしてください。

 

フレーズ一致や完全一致はインプレッション数が大きく制限されるため、

広告予算が少ない、

あるいは効果の高いキーワードがピンポイントで判明している場合などに

利用してください。

 

キーワード別にそれぞれのマッチタイプを検証しながら、

最大限に効果がでるよう設定をしていきましょう。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。