WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【猿でもわかる】リスティング広告を上手く活用する方法【簡単】

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はリスティング広告を上手く活用する方法について書いていきます。

 

リスティング広告の上手いやり方のポイントは大きく

①キーワード、②広告文、③予算、④入札、⑤ターゲット

に分類できます。

 

それぞれ具体的に解説してみたいと思います。

 

キーワード

 

ターゲットとなるユーザーが検索するキーワードを指定します。

 

ターゲットが富裕層だからといって、商品やサービスと関係のない

「ベンツ」や「金持ち」

といったキーワードは登録してはいけません。

 

商品名やサービス名は関連性の高いキーワードなので登録しておくべきです。

 

あるいは2語、3語といったキーワードの方がユーザーのニーズが明確になるので

効果的な場合が多いといえます。

 

広告文

 

広告文は検索キーワードを含めるとクリック率が高くなり、

品質スコアが改善することでクリック単価を抑えることができます。

 

また競合他社の広告文と比較して、自社の特徴を訴求できるように工夫します。

具体的な数値があるとクリック率が高くなる傾向にあります。

例えば「満足度95%以上」「100社以上の導入実績」などが挙げられます。

 

予算

 

予算設定はキャンペーンの日予算で管理します。

日予算の上限に達すると広告が表示されなくなってしまうので、

効果の高いキーワードはキャンペーンを分けて日予算を高めに設定し、

効果の低いキーワードのキャンペーンは日予算を低く設定するようにします。

 

入札

 

近年では自動入札が主流ですので、キーワード別に細かい設定はしないことが多いのですが、

入札戦略を誤ってしまうと効果が悪化してしまうので注意が必要です。

 

コンバージョン数が多いキャンペーンについては

コンバージョン数の最大化あるいは目標コンバージョン単価を選択します。

コンバージョン数が少ないキャンペーンについては、

クリック数の最大化などを選択するようにしてください。

 

ターゲット

 

リスティング広告では地域、曜日、時間帯、性別、年齢などによって

ターゲットを絞り込むことが可能です。

広告が誰に向けたメッセージなのかが明確になっていれば、

より効果的な運用ができるようになるはずです。

 

リスティング広告は時代によって、やり方が変わってきています。

常に正しいやり方はないと思って、

常に最新情報にアップデートするように心掛けましょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。