WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【必読】Googleのリスティング広告費用を適切に管理する方法

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はGoogleのリスティング広告費用を適切に管理する方法について書いていきます。

 

広告費の算出方法

 

リスティング広告(検索広告)のクリック課金の場合、

広告費はクリック数にクリック単価を乗じた金額になります。

 

同様にディスプレイ広告や動画広告のインプレッション課金の場合は

インプレッション数×インプレッション単価、

視聴課金では視聴回数×視聴単価です。

 

入札でクリック単価を管理する

 

クリック単価は広告グループ別、

またはキーワード別の入札価格で調整することができます。

 

入札価格を高めることでクリック単価は高くなり、

競合よりも掲載順位が高くなることでクリック数も多くなります。

 

クリック単価が高くなりすぎてしまうと、

あっという間に想定していた予算を超えてしまうので、

慎重に調整をしてください。

 

なるべく多くのアクセスを集めるためには、

低い入札価格で予算を消化するようにしましょう。

 

キャンペーンで予算を管理する

 

キャンペーンでは1日の予算を管理することができます。

ただしキャンペーンの日予算は超過することもありますので注意が必要です。

 

Google広告のキャンペーン日予算は

最大で設定した金額の2倍まで消化します。

超過した分は翌日以降の日予算で調整されますが、

確実ではありませんので定期的にチェックしておくようにしてください。

 

Google広告の支払いはクレジットカードまたは銀行振込による方法があります。

銀行振込は前払いが基本なので、入金した金額以上の広告費は発生しません。

 

広告費が入金額に達した時点で広告の掲載は終了します。

もしも広告費の管理に不安がある場合には銀行振込での対応を試してみてください。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。