WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【知っておこう】検索広告とディスプレイ広告のメリット・デメリット

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日は検索広告とディスプレイ広告の

メリット・デメリットについて書いていきます。

 

検索広告のメリット・デメリット

 

検索広告のメリットは顕在層へ広告を配信できることにあります。

ユーザーのニーズは検索クエリとして顕在化されているため、

広告配信ターゲットとして有効です。

 

ただ広告枠は検索エンジンの検索結果のみになりますので、

検索ボリュームの少ないキーワードでは大きなトラフィックは期待できません。

 

また検索広告として人気のある競合性の高いキーワードは

クリック単価が高くなるため、

予算の少ない広告主にとっては不利な広告といえるでしょう。

 

ディスプレイ広告のメリット・デメリット

 

ディスプレイ広告は

世界中のウェブサイトやアプリをパートナーにしたアドネットワーク上に広告が掲載されるため、

広告の在庫量が豊富にあります。

 

そのため多くのトラフィックをウェブサイトへ集めたい場合には、

ディスプレイ広告が有効となります。

 

また在庫量が多いことで、広告枠の競合性が低くなり、

クリック単価を抑えることができます。

少額予算であっても、集客しやすい広告であるといえます。

 

検索広告が顕在層に向けた広告であることに対して、

ディスプレイ広告は潜在層に向けた広告です。

 

つまりユーザーのニーズが明確になっていないので、

コンバージョン率が低く、

ブランディングや認知拡大に適していると考えられます。

ただしリターゲティング広告など一部のターゲティングの場合は除きます。

 

検索広告とディスプレイ広告を使い分けることで、

より目的に応じたプロモーションの実施が可能になります。

それぞれのメリット・デメリットを正しく把握し、設定をするようにしてください。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。