WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【チャンスを増やせ】インプレッションシェアを改善する3つの対策

2020.8.6リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はインプレッションシェアを改善する3つの対策について書いていきます。

 

キャンペーン日予算を増やす

 

キャンペーンのインプレッションシェアが低い場合には、

日予算の設定を増やすと良いでしょう。

ただし効果が悪いキャンペーンでは無駄な配信が増えるだけなので、

効果が良いキャンペーンで試してみると良いと思います。

 

効果の良いキャンペーンがない場合には

予算を増やしたいキーワードやオーディエンスのグループを新しく作ります。

新しいキャンペーンでは

インプレッションシェアが高くなるように日予算を高めに設定しておきましょう。

 

ターゲットを絞り込む

 

インプレッションシェアが低いのは無駄な配信を減らすことでも改善します。

検索広告であればキーワードを絞り込む、

あるいは除外キーワードを設定するというのが有効です。

 

ディスプレイ広告では地域を絞り込んだり、

オーディエンスを絞り込んだりすると良いでしょう。

 

クリック単価を抑える

 

クリック単価が高いと日予算の消化が早くなるため、

十分なキャンペーン日予算がない場合には

インプレッションシェアが低くなります。

 

そのため、インプレッションシェアを改善するためには

クリック単価を抑える必要があります。

 

クリック単価を抑えるためには入札単価を引き下げることが考えられますが、

広告ランクが低くなり、広告が表示されないケースも増えてしまいます。

その場合は広告の品質を改善しなければなりません。

広告文を変更してクリック率を上げるなどの対策を実施しましょう。

 

インプレッションシェアを改善して、

できるだけ機会損失を減らせるように運用しましょう。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。