WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【費用対効果UP】Yahoo広告の動的検索広告で集客力アップ

2020.8.6リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はYahoo広告の動的検索広告について書いていきます。

 

動的検索広告について

 

動的検索広告はキーワードや広告文(見出し)を設定することなく、

検索広告を配信することができる機能です。

 

広告主はページフィードを作成して、

広告したいページを指定するだけで入稿が完了するので、

管理が非常に簡潔になります。

 

ページフィードの作成

 

動的検索広告を実施する前にはページフィードの作成が必要になります。

ページフィードの作成はYahoo広告の管理画面にある

「ツール」>「ページフィード」から行います。

 

ページフィードの追加をすると

CSV形式でアップロードをすることができるようになります。

その際にページフィードのテンプレートがダウンロードできますので、

利用すると良いでしょう。

 

キャンペーンの作成

 

ページフィードが作成出来たら、

動的検索広告のキャンペーンを新しく作成します。

 

通常の検索広告である標準キャンペーンでは動的検索広告は利用できません。

動的検索広告のキャンペーンの設定では作成したページフィードを選択します。

 

広告グループの作成

 

広告グループでは

ページフィードの中から広告したいページ(ターゲット)を設定します。

 

カスタムラベル機能、全ページ、条件での絞り込みができるようになっています。

ターゲットをカテゴリ毎の広告グループを分けて入札単価の調整をすると良いでしょう。

 

広告文の作成

 

最後に広告文を作成しますが、

見出しは自動で作成されるので設定は説明文のみとなります。

 

動的検索広告キャンペーンではキーワード挿入機能は利用できませんので

注意しておきましょう。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。