WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【重要】機会損失を防ぐためにインプレッションシェアを分析しよう

2020.9.28リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はインプレッションシェアについて書いていきます。

 

インプレッションシェアの分析

 

インプレッションシェアは

本来の広告表示機会に対して実際にはどのくらいの割合で

広告が表示で来ていたのかを知るための指標です。

 

インプレッションシェアが低い場合には、広告の対象となるユーザーに対して

十分にアプローチできていない機会損失の状態になっていると言えます。

 

インプレッションシェアが低い要因

 

インプレッションシェアが低い要因は大きく2つあります。

1つは予算、もう1つは広告ランクです。

 

キャンペーンに設定している日予算が少なすぎるとインプレッションシェアは低くなります。

その場合、日予算を高めれば問題は解決しますが、

決まった予算の中で運用するためにはそれも難しいでしょう。

現実的には無駄なキーワードを削除する、

あるいは入札単価を下げるなどの方法となるでしょう。

 

ただし入札単価を下げてしまうと広告ランクが低下し競合他社の広告が優先的に表示され、

これもインプレッションシェアが低くなる要因となりますので注意が必要です。

 

アカウント構造を最適に保つ

 

広告を運用する中で重要な事は、

効果の高いキーワードやキャンペーンのインプレッションシェアを

100%に近づけるようにすることです。

 

そのためにはアカウント構造を見直す必要があります。

効果の高いキーワードは別のキャンペーンに切り分けて、

日予算を最大限にすることで改善が見込めます。

ブランドや商品名などの指名系キーワードは

特にそうした運用をしているケースが多いはずです。

 

インプレッションシェアが低いというのが100%悪いわけではありませんが、

重要なキーワードで機会損失に陥っていないか、今一度、見直しをしてみてください。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。