WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【なるべく無駄を減らす】Google広告の費用を削減する方法

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はGoogle広告の費用を削減する方法について書いていきます。

 

広告を改善する

 

広告予算を削減すると一般的にはクリック数が減少しますので、

獲得できるコンバージョン数なども少なくなります。

クリック数を減少させないためには、クリック単価を下げる必要がありますので、

そのためには入札戦略の見直し、広告の品質改善などの対策が挙げられます。

 

キーワードの削除

 

無駄なキーワードが含まれていないか見直しを行いましょう。

コンバージョンが発生していない、クリック単価が高いなどの場合は

削除する対象として検討してみてください。

 

また検索クエリを調査し、除外ワードを設定することも重要です。

部分一致でキーワードを登録している場合には、定期的なチェックが必要です。

 

ターゲットの絞り込み

 

Google広告ではユーザー属性や興味関心に応じたターゲットの絞り込みが可能です。

効果が高いのは男性か女性か、PCかスマートフォンか、地方か都心か、

などを分析し絞り込んでいきます。

 

広告代理店から自社運用に切り替える

 

広告代理店に運用を任せている場合には自社運用に切り替えることで

代理店手数料分の費用を削減することができます。

 

代理店手数料は広告費の20%が相場なので、

1000万円の広告予算であれば200万円を削減できる計算になります。

 

Google広告のアカウントは代理店が許可すれば引き継ぐことが可能です。

ただし広告運用のノウハウがなければ継続的な効果改善は難しくなりますので、

その点は注意が必要です。

 

Google広告の費用は自由に設定ができるため予算を下げることは難しいことではありませんが、

同じだけの成果を出すのは簡単ではありません。

広告運用のノウハウをしっかりと身につけておくようにしましょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。