WEBマーケティングに関するお役立ち情報

知らなきゃ損する?Google広告マッチタイプの成功例と失敗例

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はGoogle広告マッチタイプの成功例・失敗例について書いていきます。

 

部分一致

 

部分一致というマッチタイプで設定したキーワードは、

そのキーワードに関連する検索語句(クエリ)に対して広告を表示します。

 

例えばWEB広告代理店が顧客獲得を目的として「リスティング」を部分一致で登録すると、

「リスティング 広告」「リスティング 代行」など

幅広いクエリを網羅して広告表示ができるので、多くの集客を期待できます。

 

ただし「リスティング 求人」で表示されるような、

意図しない広告で無駄な費用が発生する失敗例も多くあります。

その場合は除外ワードに「求人」を設定しておくようにします。

 

完全一致

 

完全一致というマッチタイプでは、

設定したキーワードと検索クエリが一致したときに広告が表示されます。

 

「リスティング」というキーワードの場合には、

「リスティング」と検索したユーザーにしか表示されません。

 

除外ワードを設定する必要がないので、

狙ったユーザーにしっかりターゲティングできる反面、

検索数が少なくなるので部分一致より多くの集客は見込めません。

 

部分一致では無駄が多くなる可能性があるキーワードでは

完全一致で設定することで成功する可能性があります。

 

フレーズ一致

 

フレーズ一致というマッチタイプでは、

設定したキーワード検索がクエリに含まれる場合に広告が表示されます。

 

「リスティング 広告」をキーワードとして登録した場合、

「リスティング 広告 代理店」「おすすめ リスティング 広告」などで広告が表示されます。

反対に「広告 リスティング」「リスティング 会社 広告」などの語順が異なる場合には表示されません。

 

完全一致では検索数が少ない、部分一致では無駄な表示が多いといった場合には

フレーズ一致を活用するようにしましょう。

 

部分一致と同様に除外ワードの設定も忘れないようにしましょう。

 

絞り込み部分一致

 

絞り込み部分一致というマッチタイプでは、

部分一致よりも絞り込む形で広告を表示されます。

 

絞り込み部分一致では「+リスティング」という形でキーワードを設定しますが、

「リスティング」を含むクエリに幅広く反応します。

 

部分一致の場合は「リスティング」を含まなくても

「インターネット 広告」などにも反応する可能性があります。

 

そのため部分一致より絞り込み部分一致の方がコントロールしやすく、

マッチタイプが良く分からない方などにはオススメの設定です。

 

WEB広告代理店の見込み顧客獲得を目的にした具体例を通してマッチタイプの解説をしましたが、

他の業界であっても同様です。

それぞれの特徴を活かした効率的な運用をしてみてください。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。