WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【初心者向け】ディスプレイ広告とアドネットワークの仕組みについて

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はディスプレイ広告とアドネットワークの仕組みについて書いていきます。

 

アドネットワークとは

 

ディスプレイ広告の仕組みを知るためには

広告が配信されるアドネットワークについて知る必要があります。

 

アドネットワークとは、

媒体社(GoogleやYahooなど)と提携するパートナーサイトを

束ねたグループのことを指します。

 

Googleディスプレイ広告で広告を配信するとGoogleパートナーサイトへ、

Yahooディスプレイ広告で広告を配信するとYahooパートナーサイトへ掲載されます。

つまりGDNとYDNでは、そもそも掲載される面が異なります。

 

広告配信の仕組み

 

アドネットワークのパートナーサイトをユーザーが訪問する毎に、

その情報が広告プラットフォーム側(GDNやYDNなどの広告配信システム)に送られます。

 

受け取った情報から広告配信するかどうかが判断され、

さらに競合とのオークションに勝つことでインプレッションが発生する仕組みになります。

 

ディスプレイ広告のターゲティング

 

ディスプレイ広告を提供する媒体社は、それぞれ独自のデータを保有しています。

広告主は、そのデータを基に広告配信対象を絞り込むことができます。

GDNとYDNでそれぞれ異なるターゲティング手法がありますので、

確認しておくと良いでしょう。

 

どの掲載枠に広告を出したいのか、

どのようなターゲットに広告を出したいのか、

という観点から媒体を選定する場合もあります。

 

それによって大きく広告効果が変わってくる場合もあります。

オークション制のアドネットワークでは競合が少ない方が狙い目ですので、

GDNやYDN以外のアドネットワークについても知っておいてください。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。