WEBマーケティングに関するお役立ち情報

知らないと損するかも!?リスティング広告のキーワードの選び方

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はリスティング広告のキーワードの選び方を解説していきます。

 

要点を先に書くと

・キーワードは入稿前に整理しておく

・除外キーワードも初めに設定してしまう

です。

 

それでは書いていきます。

 

 

キーワード数の上限は気にしない

 

リスティング広告で設定できるキーワード数はGoogleとYahooで異なりますが、

非常に膨大ですので上限は気にする必要はありません。

 

なるべく多くピックアップしておいてください。

 

 

メインキーワードとサブキーワード

 

リスティング広告のキーワードは、

・単体でもキーワードとして成立するメインキーワード

・メインキーワードと掛け合わせることで成立するサブキーワード

に分けられます。

 

メインキーワードは

「リスティング」「検索連動型広告」などの

大きなくくりのワードのことです。

サブキーワードは「おすすめ」「安い」「口コミ」などのことです。

 

メインキーワードもサブキーワードもなるべく多く出しておきましょう。

さらに優先順位を決めてグルーピングすることで、

それぞれのグループ毎に予算配分や入札単価を調整できます。

 

キーワードのパフォーマンスを最大限にするためには必要な作業ですので、

しっかりと行うようにしてください。

 

 

キーワードの抽出

 

キーワードが思いつかないときは、

GoogleキーワードプランナーやYahooキーワードアドバイスツールを利用してください。

またメインキーワードを検索窓に入力すると、

検索数の多いサブキーワードがレコメンドされます。

 

それが見込みのあるキーワードであれば設定しておきましょう。

 

 

除外キーワードの設定も必須

 

マッチタイプを部分一致にしておくと、広く拡張されてしまい、

効果がでないまま無駄に予算を消費してしまうことになりかねません。

 

検索クエリにネガティブなキーワードが含まれてしまうリスクがある場合には、

除外設定をしておきましょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。