WEBマーケティングに関するお役立ち情報

Yahoo!トップページの広告枠「ブランドパネル」について

2020.9.28リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はブランドパネルについて書いていきます。

 

ブランドパネルについて

 

ブランドパネルはYahoo!JAPANトップページの広告枠のひとつで、

パソコン版では右上の枠、

スマートフォン版ではファーストビューの中段(検索ボックス下、メニュー上)の枠です。

 

いずれも最も目に入りやすい位置になりますので、

広告としての価値は非常に高いものがあります。

 

以前は、ブランドパネルは純広告としてのみ扱われていて、

最低申込金額は数百万円~数千万円と非常に高額になっていました。

そのため予算の多い大手企業しか出稿できない状況でしたが、

YDNで掲載できるようになったことから、

予算の少ない中小企業でも気軽に出稿できる広告となりました。

 

ターゲティングも豊富に用意されているので、自社の顧客に合わせて設定してください。

 

ブランドパネルのターゲティング

 

Yahoo広告のディスプレイ広告で掲載できるブランドパネルでは、

下記の各種ターゲティングが可能です。

 

・リターゲティング

・サーチターゲティング

・オーディエンスカテゴリー

・ユーザー属性(性別、年齢)

・地域(市区町村単位)

 

ブランドパネルでは在庫数も限られているので、

クリック単価が高騰しすぎないように注意が必要です。

クリック単価が高くならないように、ターゲットは広めに設定しておく方が良いでしょう。

 

ブランドパネルの広告フォーマット

 

ブランドパネルの広告フォーマットには静止画と動画があります。

PCブランドパネルの静止画では600×600px、

動画では600×600pxまたは640×360pxとなっています。

スマートフォン版ブランドパネルでは静止画・動画とも640×360pxになります。

 

ブランドパネルにおいても他の広告と同様にクリエイティブやターゲットを工夫しながら、

効果を高めていきましょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。