WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【サルでもわかる】Twitter広告とは何かを分かりやすく解説!

2020.9.28リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はTwitter広告について書いていきます。

 

Twitter広告とは

 

Twitter広告とはTwitter上に広告を掲載することができるサービスです。

ユーザーのタイムラインや検索結果に広告が表示され、

ウェブサイトのクリック・動画再生・アプリインストールなどを促進させることができます。

 

広告が拡散されることで広告の価値が高まっていきます。

SNS広告の最大の特徴ですので、この仕組みを上手く活用していくべきと言えます。

 

Twitter広告のターゲティング

 

Twitter広告では様々なターゲティングが可能です。

 

・地域ターゲティング

・デバイスターゲティング

・属性ターゲティング(年齢、性別)

・フォロワーターゲティング

・キーワードターゲティング

・興味関心ターゲティング

・テイラードオーディエンス

・会話トピックターゲティング

・映画とテレビ番組ターゲティング

・イベントターゲティング

 

指定したアカウントのフォロワーターゲティングやツイート内容などを基にした

キーワードターゲティングなど、

Twitter広告でしか利用できないターゲティングも多くあります。

 

Twitter広告の費用

 

Twitter広告の費用はインプレッション課金、クリック課金、

動画再生課金、フォロワー課金、アプリインストール課金があります。

プロモーションの目的に応じて使い分けるようにします。

 

また入札制になりますので、

競合が多いターゲットになると単価が高騰する傾向にあります。

その場合はクリエイティブを工夫して広告の品質を高めることで、

単価を下げることができます。

 

Twitter広告のクリエイティブ

 

Twitter広告のクリエイティブはテキストや静止画、動画などを活用します。

ウェブサイトがある場合には、Twitterカードを利用して、

よりリッチなクリエイティブを表示させることができます。

また複数の画像を利用したカルーセル広告も可能です。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。