WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【誰でも出来ます】ツイッターで自社の広告を配信する方法

リスティング広告

ツイッター広告に必要なもの

ツイッター広告を始めるためには以下のものが必要になります。

・ツイッターアカウント

・クレジットカード

ツイッターアカウントはもちろん無料で作成できますし、クレジットカードも個人・法人問わず利用できます。事前に準備しておくとスムーズに広告配信まで進むことができます。

特にツイッターアカウントはプロフィールの設定もしっかりとしておくと審査も通りやすくなります。

 

ツイッター広告の設定

ツイッター広告の設定は管理画面から行います。ツイッターアカウントのメニューから広告を「Twitter広告」を選択しましょう。設定ではプロモーションの目的、予算やスケジュール、ターゲット、入札、クリエイティブなどを入力・選択します。初めての方は少し時間が掛かってしまうかもしれませんが、分かりやすい案内になっていますので手順通り進めていきましょう。

すべての設定が完了し、広告の審査が通過すると、広告がスタートします。結果についても管理画面からレポートを閲覧することができるので、効果をチェックして運用・改善するようにしてください。

 

広告代理店に依頼

あまり時間を掛けたくない、設定の仕方が良く分からないという場合には、広告代理店に運用を代行してもらう方法もあります。広告したい内容を伝えれば、それに合わせた提案や設定をしてくれると思います。ただし代理店手数料の発生があるので、自分で設定するより広告費がかさんでしまうことがあります。また予算が少額である場合、引き受けてくれないかもしれません。自分で運用するか、広告代理店に依頼するか、どちらが良いかは自身の状況に応じて選択をしてください。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。