WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【プロモーション目的別】SNS広告の分析方法について

2020.9.28リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はSNS広告の分析方法について書いていきます。

 

インプレッション・リーチ

 

広告クリエイティブ・コンテンツをできるだけ多くの人に見てもらうという目的の場合には

インプレッション数やリーチ数を分析します。

 

インプレッション数は広告の表示回数、

リーチは広告が表示されたユーザー数を指します。

1人あたりの広告表示回数(フリークエンシー)をコントロールして、

インプレッションやリーチをコントロールするのが一般的です。

 

クリック・コンバージョン

 

ウェブサイトへの集客や問い合わせ獲得などのコンバージョンを目的にする場合は、

クリック数やコンバージョン数を分析します。

 

広告がしっかりターゲットに配信できているかどうかが重要で、

またリンク先のランディングページが

ユーザーのニーズを満たすものになっているかどうかも効果に大きく影響します。

 

アプリインストール・リエンゲージメント

 

アプリ広告の場合には、アプリインストール数や購入数・購入額などを分析します。

 

アプリ広告の効果を分析するためには、

アプリ内のイベントなどを計測するSDKの設定が必要になります。

SNS広告のSDKを利用するほか、第三者計測ツールの導入を検討してください。

 

動画再生率

 

静止画よりも多くの情報が伝えられる動画広告が注目されていますが、

動画広告の場合は動画再生率が重要な指標となります。

動画が最後まで見られていれば、興味を持っているユーザーが多くいることが分かります。

ターゲットはもちろんですが、目を引くような動画クリエイティブの重要度が高くなります。

 

どのような目的でSNS広告を実施するのか明確にして、

上記のようなKPIを設定し、効果を分析するようにしましょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。