WEBマーケティングに関するお役立ち情報

意外に知らない!?Google広告には7種類の広告キャンペーン有

2020.8.3リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はGoogle広告の7種類の広告キャンペーンについて書いていきます。

 

検索広告キャンペーン

 

Googleの検索結果に掲載されるキーワード連動型広告です。

特定のキーワードで情報を探しているユーザーに対して広告が配信できるので、

多くの企業がプロモーションに活用しています。

 

ディスプレイ広告キャンペーン

 

Google Display Network(GDN)に掲載される広告です。

豊富な在庫があるGoogleのアドネットワーク上にバナー広告を配信することで、

ウェブサイトへのアクセスを増やすことができます。

 

ショッピング広告

 

eコマースに特化した検索広告です。

ネットショッピングを運営している企業は

商品ページへ直接誘導することができます。

 

Google Merchant Centerの設定をすることによって、

キーワードや広告文の設定は不要で、運用の手間が少なくて済みます。

 

動画広告

 

動画広告キャンペーンでは

Youtubeへの動画配信ができるインストリーム広告と

Youtube以外のネットワークに配信できるアウトストリーム広告などがあります。

 

アプリ広告

 

アプリのインストールやリテンションを目的にした広告配信ができるキャンペーンです。

アプリ広告をクリックすると

GooglePlay(Android)やAppStore(iOS)のアプリページへ直接リンクします。

 

キーワードやターゲティングなどの設定はなく、

目標に合わせて自動で最適化される仕組みになっています。

 

スマートキャンペーン

 

スマートキャンペーンは自動で広告配信をする設定で

検索・ディスプレイなどにまとめて配信ができます。

 

ファインドキャンペーン

 

比較的に新しいキャンペーンで、Google Discoverなどへの広告配信ができます。

ディスプレイ広告と似ていますが、掲載面が限られていて、

クリエイティブもカルーセル用のフォーマットなどが用意されています。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。