WEBマーケティングに関するお役立ち情報

意外に運用が難しい!?動的検索広告の効果を改善する方法

2020.8.6リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日は動的検索広告の効果を改善する方法について書いていきます。

 

検索クエリレポート

 

動的検索広告の効果が出ていない場合、

最も多いのが無駄な検索クエリでの広告表示です。

 

キーワードの設定は媒体側に任せることになるので、

放置してしまっているケースも少なくありません。

 

媒体はあくまで機械的に処理しているので、

意図しない検索クエリでの表示がある場合には

除外キーワードの設定を活用していかなければなりません。

 

ランディングページレポート

 

検索クエリは問題なくても、

適切なランディングページに遷移しているかどうかもチェックする必要があります。

 

ランディングページが

しっかりとコンバージョンに到るような同線になっていなければ修正するか、

別のランディングページになるようにします。

 

そのためにはページフィードの修正あるいはターゲットの除外設定をしましょう。

 

広告表示オプションの設定

 

動的検索広告も従来の検索広告と同様に

広告表示オプションを設定することができます。

 

新しいキャンペーンを作成すると忘れてしまいがちですが、

広告ランクにも影響する重要な設定なので、きちんと設定しておいてください。

 

特にサイトリンク表示オプションやコールアウト表示オプション、

構造化スニペット表示オプションなどは設定しやすいので、

早めに対応しておくと良いでしょう。

 

ユーザーリストの設定

 

過去に訪問したユーザーリストをオーディエンスに設定しておくことで、

確度の高い顧客の集客が可能になります。

ユーザーリストで絞り込むこともできますし、

入札価格を高めに設定しておくことも可能です。

 

効果に応じて使い分けるようにしてください。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。