WEBマーケティングに関するお役立ち情報

『住所表示オプション』とは?適切な運用で来店者数UP!

2020.9.28リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日は住所表示オプションについて書いていきます。

 

住所表示オプションとは

 

住所表示オプションはGoogle広告の広告表示オプションのひとつで、

広告文の下に住所情報を追加できる機能です。

オフラインの会社や店舗へ集客をしたい場合に有効です。

 

広告表示オプションがクリックされるとGoogle Mapへ遷移して、

店舗とその周辺エリアを確認できるようになります。

ウェブサイトへ遷移するわけではないので注意が必要です。

 

店舗がどこにあるかを知りたいユーザーにとっては、

利便性の高い機能になっているのではないでしょうか。

 

またディスプレイ広告でも住所表示オプションは利用できます。

ディスプレイ広告の場合は、店舗の写真や所在地などを確認でき、

店舗までのルートをクリックで調べることができます。

 

Google My Businessに登録

 

住所表示オプションの設定するために、

まずGoogle My Business(グーグルマイビジネス)へ登録します。

Google My Businessには名称や住所、電話番号などの情報を登録します。

 

Google Mapにも広告掲載できる

 

住所表示オプション機能を設定すると、

Google Map(グーグルマップ)での検索に対しても広告が表示されます。

Google Mapの広告は通常の検索広告だけでは表示されません。

 

住所表示オプションが設定されたアカウントのみ有効ですので、

上手く活用するようにしてください。

 

住所表示オプションの料金

 

住所表示オプションも他の広告表示オプションと同様に無料で利用ができます。

クリック課金になりますので、

広告が表示されただけであれば費用は発生しないということになります。

 

Google広告はオフラインの集客にも役立てることができますので、

住所表示オプションも活用しながら、ビジネスを拡大させましょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。