WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【重要】SNS広告のデータ分析は費用対効果改善に繋がる!

2020.9.28リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はSNS広告のデータ分析について書いていきます。

 

SNS広告の効果

 

SNS広告の目的はウェブサイトへのトラフィックを増やしたり、

広告のインプレッションやリーチを広げたり、

アプリのインストール数を増やしたりと様々です。

 

SNS広告を始める前には、まずどのような効果を得たいのかを明確にして、

ターゲットに合わせたクリエイティブや

オーディエンス(属性・興味関心など)を設定するようにしましょう。

 

またSNS広告ではユーザーからの反応(クリックやいいねなど)を得ることを

エンゲージメントと呼びます。

 

広告の表示に対するエンゲージメント率が高いほど、

広告の品質が高く広告効果が高くなる傾向にあります。

どのようにしたら効率的にエンゲージメントを獲得できるのかという点に注意して

広告を配信すると良いでしょう。

 

SNS広告のデータ分析

 

SNS広告と呼ばれるものにはTwitterやFacebook、LINEなどが挙げられます。

そのどれもがウェブ上で広告掲載の管理(申し込み・入稿・分析など)ができますので、

すぐにでも始められるのが大きな特徴となっています。

特に広告配信の効果をほとんどリアルタイムでデータ分析して、

効果が悪ければすぐに修正することができます。

 

インプレッション数、クリック数、コンバージョン数、エンゲージメント数、

アプリインストール数など様々な項目がありますので、

重要となる指標と目標値を設定して改善していきましょう。

 

継続的な分析と改善によって効果を高めていくことから

運用型広告とも呼ばれています。

長く続けることでノウハウが蓄積されていきますので、

強いアドバンテージになることでしょう。

 

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。