WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【PDCAを回す】サーチターゲティングの設定方法と運用改善

2020.11.17リスティング広告

こんにちは!寿五郎です。

今日はサーチターゲティングの設定方法について解説していきます。

 

サーチキーワードリストの作成

サーチターゲティングの設定には、まずサーチキーワードリストの作成をします。

Yahoo広告の管理画面にある共有ライブラリのツール設定から、

リスト作成ページへアクセスします。

 

指定したいキーワードを検索して、サーチキーワードリストに追加します。

検索数の少ないキーワードは追加することができませんので注意してください。

検索期間や検索回数の設定もできるので、

状況に応じて使い分けるようにしてください。

 

広告グループに設定

作成したサーチキーワードリストを広告グループに設定します。

広告グループには1つのサーチキーワードリストしか設定できませんので、

複数のリストがある場合には広告グループも同じ数だけ必要になります。

 

またリターゲティングと異なり除外設定はできませんが、

地域やユーザー属性を掛け合わせて配信することは可能です。

 

キーワード単位での最適化

キーワード毎にレポートが出力できるので、

効果が良いキーワード・悪いキーワードを抽出してください。

 

これらのキーワードに対して調整を行っていくことで広告効果を改善できますが、

サーチキーワードリスト内のキーワードに対して直接調整することはできません。

 

入札調整は広告グループ単位になりますので、

効果の良いリストと効果の悪いリストをグルーピングして、

それぞれ広告グループに設定をします。

 

また予算配分を変えたい場合にはキャンペーン単位での日予算設定になりますので、

キャンペーンを分けて運用することになります。

 

弊社では広告運用のセカンドオピニオンも行っております。

広告運用に悩まれている方はお気軽にご連絡ください。

では!

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。