WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【重要】YDNサーチターゲティングのキーワード選定と注意点

2020.8.4リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はYDNサーチターゲティングのキーワード選定と

注意点について書いていきます。

 

キーワード選定について

 

YDNサーチターゲティングを実施する上では

キーワードを選定しなくてはなりませんが、

全てのキーワードを指定することができるわけではありません。

 

Yahoo広告の管理画面から指定できるキーワードを調べて

ピックアップする必要があります。

主に検索数の多いキーワードが指定できるようになっています。

 

キーワード選定が難しいと考えている方には、

管理画面で提供されているキーワード提案機能を利用すると良いでしょう。

URLを入力することで、

その内容にあったサーチキーワードの提案をしてくれます。

 

競合名などもキーワード指定が可能

 

検索広告で登録しているような一般的なキーワードも

十分な効果が見込めますが、

競合の社名や商品名・ブランド名なども狙い目です。

 

テレビCMなどを積極的に実施して認知度の高い競合であれば、

設定しておくべきでしょう。

 

YDNサーチターゲティングの注意点

 

指定したキーワードでの検索履歴のあるユーザーをターゲットに

広告配信することになりますが、

キーワードは拡張されますので注意が必要です。

 

例えば「スニーカー」を指定した場合、

「スニーカー」はもちろん、

「スニーカー 通販」での検索履歴を持つユーザーも

ーゲットにする場合があります。

 

より精度の高い広告を配信したい場合には

検索数の少ないスモールワードでの指定をした方が良いということになります。

 

キーワードレポートで効果分析

 

YDNサーチターゲティングでは

キーワード別のレポートが出力できますので、

検索広告と同様に効果のあるキーワードに注力したり、

効果が悪いキーワードを削除したりというメンテナンスが可能です。

 

定期的なチェックを怠らないようにしましょう。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。