WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【重要】クリックリンクオプションのメリット・デメリットについて

2020.11.30リスティング広告

こんにちは!寿五郎です!

クリックリンクオプションのメリット・デメリットについて書いていきます。

 

クイックリンクオプションのメリット

Yahoo広告ではクイックリンクオプションを利用することで、

画面占有率が高まることによるクリック率の改善、

ユーザー利便性の向上によるコンバージョン率の改善が期待されます。

 

実際に設定した後はクイックリンクオプションのレポートを管理画面上で確認できるので、

どのようなテキストの効果が良かったかを分析して、改善していくことも可能です。

 

さらにクイックリンクオプションを含む広告表示オプションは別途費用が掛かることはありません。

むしろクリック率の改善により広告の品質が高くなる可能性があるので、

掲載順位を上げてクリック単価を抑えることにつながると考えられます。

 

Google広告においてもサイトリンクオプションという名称ではありますが、

同様の効果が得られると考えられます。

 

クイックリンクオプションのデメリット

クイックリンクオプションを設定することによる大きなデメリットはありません。

しいて挙げるとすれば、設定や管理の工数ということになるでしょう。

 

クイックリンクオプションの設定は

タイトルが半角25文字(全角12文字)、説明文が半角35文字(全角17文字)×2

となっています。

また2~6つ程度の設定が推奨となっていますので、かなりのテキスト量になります。

 

さらにキャンペーン単位または広告グループ単位で設定できますので、

商品やカテゴリー毎に設定するとなると膨大な工数が発生するでしょう。

あくまでオプションの機能になるので、ある程度の見切りをつけた運用が必要といえます。

 

作業時間などのデメリットはあるものの、

クイックリンクオプションの設定は強く推奨されていますので、

できるだけ設定をするようにしてください。

 

弊社でもWEB広告のご相談を受け付けております。

お気軽に!

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。