WEBマーケティングに関するお役立ち情報

【要注意】インプレッションシェア損失率(予算)の改善方法

2020.8.5リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日は

「インプレッションシェア損失率(予算)の改善方法」

について書いていきます。

 

インプレッションシェア損失率(予算)の確認

 

まずはインプレッションシェア損失率(予算)の数値を

確認してみてください。

 

Google広告では表示項目の競合指標の中から

インプレッションシェア損失率(予算)にチェックを入れることで

確認できるようになります。

キャンペーン単位、広告グループ単位、キーワード単位で確認が可能です。

 

キャンペーン日予算の増加

 

インプレッションシェア損失率(予算)が高い場合に、

まず検討すべきなのは日予算の増加です。

広告そのものに大きな影響を与えることなく、

改善することが期待できるからです。

 

ただしキャンペーン内に効果の悪いキーワードが含まれている場合には、

さらに悪化する懸念もあるので、おすすめはできません。

 

不要なキーワード削除

 

キャンペーン日予算の増加が難しい場合には、

キャンペーン内に含まれる無駄なキーワードを

削除または停止してください。

それらに掛かっていた費用を適切なキーワードに振り分けるようにします。

 

キャンペーンを分割

 

効果がまだ見られないけれど試したいキーワードがあれば、

キャンペーンを分割します。

 

効果の高いキーワードは

インプレッションシェア損失率(予算)を制限しないように、

効果が見込めないキーワードは

予算をある程度制限しながら運用すると良いでしょう。

 

入札単価の調整

 

最後に入札単価の調整も検討してみてください。

入札単価を下げると1日の予算消化スピードが遅くなるので、

インプレッションシェア損失率(予算)を抑えることができるはずです。

 

ただしインプレッションシェア損失率(広告ランク)が

上昇するリスクもあるので注意してください。

 

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。