WEBマーケティングに関するお役立ち情報

良くわからない?Googleディスプレイ広告のカスタマーマッチとは?

2020.8.4リスティング広告

 

こんにちは!寿五郎です。

今日はGoogleディスプレイ広告のカスタマーマッチについて書いていきます。

 

カスタマーマッチの特徴

 

カスタマーマッチはGoogle広告のターゲティングの一つで、

広告主がGoogle広告管理画面からアップロードした顧客情報と

Googleが持つユーザー情報をマッチングすることでターゲティングします。

 

リマーケティングは

ウェブサイトを訪問したユーザー(オンライン)をターゲットにできますが、

カスタマーマッチは

広告主が店舗などのオフラインで取得した顧客情報でも活用できます。

 

Google広告においてオンラインのデータだけではなく、

オフラインのデータも活用できるという点が大きな特徴です。

またカスタマーマッチの類似ユーザーターゲティングも可能ですので、

リピーターにも新規顧客にも活用できることになります。

 

カスタマーマッチの仕組み

 

カスタマーマッチに利用される情報はメールアドレスまたは電話番号です。

これらの文字列が広告主データとGoogleデータで一致した場合、

オーディエンスリストとして追加されます。

 

あるいは姓名および住所の一致によっても

オーディエンスリストに追加されます。

 

ディスプレイ広告での活用

 

カスタマーマッチのターゲティングは

Googleディスプレイ広告で利用できる他、

検索、ショッピング、YouTubeなどで利用することが可能です。

 

ただし顧客情報が少なすぎると

広告のインプレッション数が増えませんので、

まずは顧客情報の獲得から始めると良いでしょう。

 

リピート施策はリマーケティングだけではなく、

カスタマーマッチも上手く活用するようにしてください。

 

特にLTVの高いロイヤルカスタマーに広告配信して、

売り上げアップを目指しましょう。

Posted by ek


まずは無料相談から。お気軽にお問い合わせください。